トップページ
/
野口英世記念会とは

理事長あいさつ

 公益財団法人野口英世記念会の起源は、野口英世が西アフリカの黄金海岸(現在のガーナ共和国)において黄熱病で斃れた昭和3(1928)年5月21日の翌月、6月29日にさかのぼります。東京・丸の内の日本工業倶楽部において行われた追悼会の終了後、追悼会に出席した関係者が、期せずして「後世に、科学者・野口英世の業績と生涯を伝える」ために記念会を創ることを決定したと記録されています。追悼会の発起人のリストには、北里柴三郎(日本医師会会長)をはじめ、山川健次郎(元東京帝国大学総長、会津出身)、荒木寅三郎(京都帝国大学総長)、後藤新平(元外務・内務・逓信大臣、元東京市長、福島県の須賀川医学校出身)などの名が並んでいます。

 野口英世記念会は、昭和14(1939)年に野口英世記念館を開館し、ロックフェラー医学研究所とメリー未亡人から寄贈された野口英世の遺品を広く一般に公開し、野口英世の遺徳を偲ぶよすがとしました。平成27(2015)年には、小学校高学年の児童の皆さんにも科学者・野口英世について楽しく学んでいただける展示をコンセプトに、リニューアルを行いました。

 平成25(2013)年、野口英世記念会は、公益財団法人として再出発しました。記念会創設以来の先人たちの「後世に、科学者・野口英世の業績と生涯を伝える」という意志を受け継ぎ、引き続き野口英世記念館の運営を行うとともに、野口英世の生家の維持保存・公開(平成31年に国の登録有形文化財に登録されました)、野口英世記念医学賞の授与(昭和32年創設)、野口英世記念奨学金の貸与・給付(昭和34年開始)、野口英世博士顕彰記念少年科学賞の授与(平成7年創設)を柱として、野口英世の生誕地猪苗代に本部を置いて、地域と連携した活動を展開してまいります。

 皆さまの従来にも増すご支援とご鞭撻をお願い申しあげます。

 令和元年7月1日

公益財団法人野口英世記念会理事長